洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。家事の中でも体力が必要です。洗濯を終えた洗濯物は、水を含むため重さが増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければならないので体力が求められます。洗濯物干し場をどこに設けるかで洗濯という家事への負担が大きく変わってくるのです。

洗濯機を設置する場所は、洗面脱衣室という家庭が多いです。一階の洗面脱衣室に洗濯機を設置し、二階のバルコニーに洗濯物干し場を設けるという間取りだけは避けましょう。洗濯物干し場までの移動の動線上に階段を挟むことで動線が長くなるだけでなく、階段の上り下りに重たい洗濯物を抱えなければならず体に与える負担が大きくなるのです。特に妊娠時や高齢になり足腰が弱ってくるとこの動線では洗濯と言う家事が体に大きな負担となり、円滑に行えなくなってしまうのです。

そこで洗濯機を設置するフロアと同フロアに洗濯物干し場を設けるようにしましょう。一番動線が短いのが、洗濯機のある洗面脱衣室に勝手口を設け、その先に洗濯物干し場を設けておくことです。これなら洗濯物を抱える手間もかかりませんし、体に負担もかからないのです。洗う→干すという作業が効率よく行え家事の時短にも繋がります。

家事と育児の両立という観点を重視するのであれば、リビングの先に洗濯物干し場を設けておくといいと思います。我が家はまさにこれです。リビングの先に設けたサンルームに洗濯物干し場を設けています。洗面脱衣室からサンルームまではリビングを横切るだけで動線は短いですし、洗濯物を干しながらリビングで過ごす子ども達の様子をしっかりと確認できるのです。洗濯物干し場はしっかりと動線を考えて設けましょう。

家族のコミュニケーションを大事に

我が家は家族のコミュケーションも大事に考えました。そこでまず取り入れたのがリビングイン階段です。今までは玄関近くに設けられていた階段が、最近ではリビング内に設けられたリビングイン階段が人気となっています。

リビングイン階段にすることで、家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行くことができません。玄関から直接二階へ行ける間取りだと、子ども達が帰宅すると直接に二階の自室へ行くことができるためいつ帰宅したのか気付かなかったり、気づいた時は外出していたということもあるのです。リビングイン階段はこのような状況を避けられるのです。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、会話も生まれやすくなります。会話がなくても親は子どものちょっとした変化にも気づいてあげやすくなります。

そして、リビングの一部分に吹き抜けを取り入れました。吹き抜けを設けることで、一階と二階の距離を近づけてくれます。一階と二階で家族が別々のフロアで過ごしていても互いの気配を吹き抜けを通して感じることができ、家族の繋がりを感じられるのです。家族の繋がりを感じられることで安心感が生まれるのです。吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすいのです。

この吹き抜けに面して二階ホールにはファミリースペースを設けています。ここにはおもちゃを整理しているのでキッズスペースとして子どもが遊んだり、寝る前の時間を家族みんなで過ごしたり、一階だけでなく二階にも家族で集えるスペースを設けました。家族のコミュケーションも大事にできる住まいは、家で過ごす時間がより楽しく感じられます。

夏は涼しく冬暖かい家

家造りを行ううえで誰もが実現したい基本事項として「夏は涼しく冬暖かい家」ということが挙げられます。快適な暮らしのためには、気温・湿度・風・放射熱という4つの要素を上手にコントロールすることが大切となってきます。

人が快適だと感じる気温は20~25℃、湿度は40~60%の間です。これに心地よい風、物が発する熱エネルギーである放射熱という要素が結びついた体感温度が快適さを決めるポイントとなってきます。体感温度を快適に保つ方法はさまざまですが、例えば、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくしたり、家の中に寒さを入れず熱を逃さないための技術である気密性や断熱性にこだわることで冬の暖かさを実現してくことができます。

中でも断熱には、構造部分を断熱材でくるむ外張り断熱と、壁の中に断熱材を詰める内断熱があり、施工方法も様々なのです。断熱材の種類も多く、断熱工法と適した断熱材を使用することも大切で、これらは施工業者と話し合いながら決めていきましょう。

また、熱の出入り口で一番大きな窓の気密性や断熱性も重要です。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、外壁7%、換気6%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の気密性・断熱性が重要であることが一目瞭然です。

熱を入れない、逃さないようすることで冷暖房に頼ることなく、また冷暖房を効率よく使用することができ、夏の涼しさや冬の暖かさをしっかりと確保できるのです。家造りにおいてはこれらの点に気を付けて快適な住まいを目指しましょう。

キッチンで使いたい100均グッズベスト5

キッチンでは液だれしたり油汚れが気になってしまうので、手入れがしやすいということも、収納グッズを選ぶときの条件の一つです。100均のグッズはプラスチックが多く、掃除がしやすいので、キッチンで使うのに向いています。

ハンドル付きプラカゴ
高い場所にある吊戸棚を活用するには、ハンドルがあると出し入れがしやすいです。持ち手の部分に穴を開けたプラカゴは、中に物が入っているときには指を差し込みにくく、カゴの上端を外側に折り曲げて指を掛けるのは、爪を傷めるという意見もあります。ハンドルが付いているのが、一番良いでしょう。

プラカゴハンドルなし
ハンドル部分が突き出していると戸棚の扉が閉まらず、スペースが無駄になるので、ハンドルのないカゴを選ぶこともあります。冷蔵庫内の仕切りに良いでしょう。

コの字ラック
システムキッチンの収納は、引き出しタイプが主流ですが、食器棚や食品庫の多くは棚を使います。しまう物によって無駄にスペースが残る場合、コの字ラックがあると、棚板を増やさなくても縦の空間を上下に分割して、重ね置きしなくてすみ、出し入れが楽です。

引き出しを仕切る
100均ショップは小さなグッズの種類が豊富です。小さな空間を細かく区切りたいときには、まず100均をリサーチしましょう。透明、半透明、ホワイト着色などが多く、サイズも様々で、菜箸やしゃもじなどの調理ツールや、カトラリーなどを分けてしまえます。

吊り下げグッズ
フライ返しやお玉といった長い調理ツール、除菌用のスプレイボトル、持ち手の付いたザルなど出番の多い道具は、片手でサット取れる位置に吊り下げると便利です。メッシュパネルやフックを取り付けましょう。

外部収納のある家

家造りで多くの人が収納に力を入れることと思います。その収納とは室内収納ばかりではありませんか。室内の収納も大事なのですが、室内に収納することができない、屋外で使用する物をきちんと整理できる外部収納においてもしっかりと計画しておきましょう。多くの家庭でこの外部収納が見落とされており、後から庭やカーポートに物置を設置するケースが多いのです。

我が家は、住宅内のデッドスペースを利用して外部収納を設けました。それは階段下です。このように住宅内のデッドスペースを利用することで庭やカーポートに物置を設置するより住宅の外観がスッキリとして、生活感を感じさせません。庭やカーポートに物置を設置することでスペースも占領しますし、生活感で溢れてしまうのです。屋外で使用する物を収納するため外から物が出し入れできるように勝手口を設けました。

そして、車への荷物の搬入や搬出を考え、カーポートとの動線にも配慮しました。この外部収納にはスタッドレスタイヤや灯油、子ども達の自転車や三輪車、バーベキューなどのアウトドア用品、そしてお米の備蓄庫としても利用しています。屋外から物の出し入れができるだけでなく、室内からも行き来ができるように動線を確保しました。そのため室内で使用する掃除機や日用品などもここに整理することができています。

一番助かるのが、外からお米を搬入して、室内からお米を補充できることです。このように室内収納と外部収納を兼ねた収納スペースがあるととても便利でおススメです。

必要なくなった服の行き先

洋服を整理し、クローゼットを使いやすくしたら、最後はもう必要ないと判断した衣服の行き先を決めることです。値段が高かったし、あんまり着ていないし、もう着ないとはわかっていても、捨てるという言葉には抵抗もありなす。もう必要ないと判断した服でも、いざ捨てるとなると躊躇してしまいます。捨てる以外の手放す方法をみてみましょう。

子供服を例に考えてみます。着ない服を次のように分類します。

お下がりとして人にあげる服・・・親戚や親しい友人の間で着回します。子供の成長は早いので、傷む前にサイズが合わなくなる事が多いのです。これは○○ちゃんから来た服で、着られなくなったら次は△△ちゃんにあげるというように、無駄なく合理的に着まわしている主婦グループもあります。

フリーマーケットやリサイクルショップに出す服・・・きれいでまだ使えそうだけれど、あげる人がいない服の行き先です。洋服はもちろん、キッチン用品、粗品や引き出物などの不用品も、専用の衣装ケースに入れて取っておき、そのケースがいっぱいになる2~3年に一度の割合で、フリーマーケットに出展している人もいます。売りたいもの全部に値段を付け、値札をつけたり看板をつくったり、子どもも一緒にお店屋さんごっこができる楽しいイベントです。お客さんの顔を見てやりとりでき、使ってくれる人に直接手渡すことができるのがフリーマーケットの醍醐味です。ただしフリーマーケットは安く買えることが前提なので、値段設定は低めになります。儲けることが目的ではなく、不用品を家からなくすことが目的ならば、フリーマーケットは楽しめるでしょう。

パントリー

今ではキッチンには欠かすことのできない存在となっているのがパントリーです。広さに余裕があればウォークインタイプの大型のパントリーを設けておくといいでしょう。我が家はキッチンの横にアーチ状の垂れ壁で繋がったウォークインタイプのパントリーを設けました。

建具がないので行き来のスムーズさを確保できています。そして広さに余裕のあるパントリーには食品をはじめ、キッチン家電やゴミ箱やお米などキッチンで必要な物をここ一か所できちんと整理することができています。物を収納するだけでなく、家事や育児の合間の休憩スペースとして利用できる私だけの居場所をここに設けたのです。

専業主婦である私は一日の大半をキッチンで過ごすことが多いです。キッチンの煮込み料理の間のちょっと空いた時間にここでコーヒーを片手にパソコンを眺めて休憩したり、家計簿をつけたり、裁縫をしたり、子ども達のスケジュールを管理したりもしています。自分だけの居場所があることで、自分の時間を大切にすることができます。リビングから見えない位置に設けられたこのスペースは、心身共にリラックスできる最高の空間となっています。

このパントリーには外への繋がりも大事にしました。土間部分にはゴミ箱を並べ、キッチンから出るゴミをきちんと分別して、サッと捨てることができます。買い物からの帰宅時も重たい荷物を抱えて長い動線を移動する手間なく、車からこのパントリーへとサッと移動させることができるので助かっています。このようなパントリーを設けて、キッチンの居心地をよくしたり、家事を効率よく行える環境を整えておきたいものです。

漆喰

室内の印象を大きく左右する壁。ほとんどの住宅の壁にビニールクロスが用いられていいます。ビニールクロスは、色味やデザインの豊富さ、価格の安さ、手軽に張り替えができることがら人気を高めているのです。ついデザイン性ばかりに注目しがちですが、耐久性や不燃性といった機能性にも目向けるべきだと思います。

最近では、壁紙に使われる化学物質がシックハウス症候群を引き起こすことが問題となっています。そこで土や石などの自然素材を使用した塗壁が見直されているのです。塗り壁の代表と言えるのが、石灰を主原料とした漆喰です。

我が家の新居は、水廻りスペース以外全て漆喰を用いました。この漆喰は機能性に大変優れています。高温で焼いた石を壁に塗ったようなものなので耐火性が高いのです。また、漆喰壁は「呼吸する壁」とも言われ調湿機能にも優れているのです。夏の湿気を吸収し冬の乾燥時には水分を放出してくれ、一年を通して室内を快適な湿度に保ってくれるのです。漆喰壁の内部はアルカリ性のため、カビや細菌の発生を抑える効果もあります。

近年の住宅は気密性が高くなり、それゆえ結露の発生が起こりやすくなるのですが、その結露の発生を抑える効果が期待できるのです。また、人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着し分解してくれるので住まいを健康な環境へとしてくれるのです。漆喰壁は家に来たお客様からも好評です。実際に、梅雨時期は外はジメジメして気持ち悪いのですが、室内へ入るとカラッと心地よい空間が広がっています。室内に洗濯物を干しても衣類が乾きやすいです。温かみを感じられ、味わい深さのある漆喰壁を用いてみてはいかがでしょうか。

サンルームのある暮らし

我が家は、リビングに面してウッドデッキを設けました。横幅のあるウッドデッキには奥行も確保して広々とした空間が広がり、アウトドアリビングを楽しむ最高のスペースとなっています。このウッドデッキはリビングとの一体感を大事にするため、境には段差をなくしフラットに繋がっています。リビングの延長上に設けた和室からもウッドデッキへと行き来ができるようしています。

そしてウッドデッキの上には同サイズの二階のバルコニーが設けられており、これが屋根代わりにもなっているのです。あらゆる天候に対応できるように、全面と側面にはパネル扉を設けました。天気のいい日にはこの扉をフルオープンにして庭との一体感を感じられます。心地よい日差しを浴び、風を肌で感じ、庭の木々を眺めては四季を感じることができる開放感あふれるスペースなのです。悪天候時には扉で閉め切っておけばリビングの延長としてスペースを有効的に利用できます。

ここにはテーブルとイスを設置しており、自然との一体感を感じながら食事を楽しんだり、庭で遊ぶ子ども達を眺めながらママ友とお茶をしたりしています。室内では得られない開放感が得られ、心身共にリフレッシュできるのです。悪天候時でも利用できるようにパネル扉を設けてよかったと思っています。そのためここを洗濯物干し場としても利用しています。天候に左右されることなく洗濯物が干せるので、毎日の家事を円滑に進められています。家で過ごす時間というとつい室内で過ごす時間ばかりに目がいきがちですが、アウトドアリビングを楽しめる住まいを目指してみるのもいいのではないでしょうか。

玄関ドア

住まいの顔とも言われる玄関に設ける玄関ドアは、デザイン性にも機能性にも注目したいものです。デザイン性は、住宅の外観との調和を考えて選ぶと違和感なく、家全体の統一感も高まります。

難しいのが機能性です。我が家は、玄関の行き来をよりスムーズに行えるようにしました。専用のリモコンキーをポケットの中やカバンの中に入れておけば、ドアに設けられているボタンを押すだけで簡単に解錠・施錠できるものを選びました。手軽にピットボタンを押すだけでドアの開け閉めが行えるため、今までより格段に玄関の行き来がスムーズになりました。子どもが小さいと車で寝た子どもを抱えて室内へ入ることも多いですし、買い物からの帰宅時は荷物が多く両手がすぐにふさがってしまいます。このような状況でもこの玄関ドアならカギを探す手間が省け、簡単に室内への出入りが行えるのです。

ドアのボタンを押すと二つのカギが自動で解錠します。ドアが閉まると二つのカギが自動で施錠されるためカギの閉め忘れもないため防犯上も安心できるのです。行き来のスムーズさに加えて、玄関の快適性を確保するには採光・採風可能なドアだといいと思います。

玄関ドアを閉めた状態で自然の風を取り入れることができる通風ドアがある玄関ドアを選べば、少ないエネルギーで快適に暮らせる住まいにも繋がります。通風や換気ができるため玄関の快適性が高まります。通風ドアがあるので玄関に明るさを確保でき、明るく開放感のある玄関が広がるのです。機能性に注目して玄関ドアを選びたいものです。