夏は涼しく、冬暖かい家

家造りをするほとんどの人が住宅に求めることが、「夏は涼しく、冬暖かい家」ということではないでしょうか。私も家造りを行う際にまず業者にお願いしたことがこれでした。冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送るというのはこれから益々求められることでもあります。この夏は涼しく、冬暖かい家を実現するには建物の断熱性が重要なのだとばかり思っていました。

もちろん建物自体の断熱性も重要です。使用する断熱材とそれに合った工法を取り入れることで建物の断熱性は高まります。それと同時に熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性も重要であることを知りました。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、そして窓は58%なのです。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、そして窓が73%です。この数字を見ても窓の断熱性が重要であることが一目瞭然です。

そこで我が家は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスを使用しました。これは二枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしています。この特殊金属膜は太陽光線の中で、可視光線を最大限に透過させ、赤外線・紫外線を大幅にカットしてくれます。そこで省エネ性が期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので、冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。

また冬場は結露を大幅に抑制してくれますし、しみやそばかす、カーテンや家具の色あせの一因となっている紫外線を大幅にカットし、住まいと人の健康を守ってくれるのです。室内を快適にしてくれますし、夏は涼しく、冬暖かい家を実現できるのでまずは窓への対策をしっかり行いましょう。

二階ホールを活用しよう

特に子どもの小さい家庭では、二階建て住宅を建てても二階はほとんど使用していないという家庭が多いです。せっかく建てた二階建て住宅の二階がほとんど使われないということでは空間がもったいありません。一階で過ごす時間と同様に二階で過ごす時間も大切にしてほしいと思います。

そこで我が家は階段を上がった先のホールを利用してファミリースペースを設けたのです。我が家のように、二階のホールを利用して趣味スペースを設けたり、書斎スペースを設けたり多目的に二階ホールを使用する家庭が増えているのです。我が家に設けたファミリースペースは、昼間は子ども達のキッズスペースとして利用しています。リビングではなく、ここにおもちゃを並べるようにしたことでリビングにおもちゃが散らかりにくくなり、快適性の高い空間が広がっています。

二階ホールをキッズスペースとして利用しているのは、ここがリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられているからです。一階のキッチンで夕飯の支度をしながら、二階ホールで遊ぶ子ども達の様子が吹き抜けを通して伝わってくるので、仲良くしている様子もケンカをしている様子も一階から把握できるのです。様子が分かることで対応のしやすくなるのです。

ここにはカウンターを造りつけているので子ども達がもう少し成長すればスタディーコーナーとしても利用させたいと思っています。夜は、寝る前の時間を家族で過ごしています。絵本を読んだり、おもちゃで遊んだり、テレビゲームをしたりと一階とは違った家族の時間が流れています。二階ホールを有効活用したことで二階で過ごす時間も大事な時間となっています。

ファミリークローゼット

私は現在家事と育児に奮闘している専業主婦です。そんな私が家事へ不満を挙げるとしたら、たたんだ洗濯物を各クローゼットにしまうのが面倒です。夫婦の服、子どもの服、下着、タオル類などそれぞれ別々のクローゼットで管理していました。洗濯物をしまうという作業だけで、住宅内を行ったり来たりして無駄な動きも多いのです。ついつい後回しになってしまい、クローゼットにしまわれていない衣類が溜まってしまうことも多かったです。

この不満を解消するために、新居に家族の衣類を一か所で管理するファミリークローゼットを設けたのです。これを設けた場所は、生活の中心である一階に設けました。身支度を行う洗面室の隣に設けたことで、身支度もしやすくなったと家族は言います。一か所で全ての衣類や下着、タオルまで管理したことで、家事の効率がグンと高まりました。今までのように住宅内を行ったり来たりという無駄な動きをしなくていいのです。家事動線をコンパクトにすることで家事の効率が高まり、家事の時短に繋がります。

生活の中心の一階に設けたことで、子ども達も自分で自分の服を管理する習慣が身に付いてきました。洗面室でお化粧やヘアセットをして、このファミリークローゼットで衣類をコーディネートして身支度がしやすくなったことで、住まいへの満足度も高まっています。家事は休みのないものであるだけに、不満を解消できるようにしておきましょう。ファミリークローゼットは非常におススメです。

造り付け家具

新築やリフォームの際には、テレビ台やクローゼット、本棚など生活をしていくには家具が必要になります。それらの家具をオーダーメイドで作りこんだ家具のことを造り付け家具と言います。建物の空間に合わせて特注するので、その場所にピッタリのサイズで収めることができます。空間がスッキリとした印象になりますし、全体のまとまりも高まります。

また自分好みのデザインや色味、使用する素材など自由にできるところが魅力と感じる人も多いのです。自分好みにこだわった家具には愛着も湧きますし、いつまでも大切にしようと思うものです。リビングのテレビ台などは壁面収納と一体化させたり、オープンシェルフに仕上げて見せる収納を取り入れ、インテリア性を高めるのもオシャレではないでしょうか。

造り付け家具は耐震性にも優れているのです。壁に家具を固定させた造りにするなど、突っ張り棒や金具などで固定をせずに、家具の倒壊などを防止することができるのです。日本は地震大国でもあるだけに、その地震への対策は必須です。家具の倒れ込みの心配がなければ安全性も高まります。

しかし、こだわれば価格が非常に割高になってしまい断念する人もいます。最近では、置き家具はかなりお手頃な価格で手に入れることができます。置き家具を取り入れる際には、その家具の存在を意識した空間造りをするといいのです。レイアウトや内装デザインに注目することで住宅に馴染み違和感を感じないのです。家具選びも予算や内容を考え、いつまでも大事にできる家具を取り入れ、暮らしに欠かせない存在にしたいものですね。

自分の居場所

私は現在専業主婦です。まだ小さい子どもがいるため、家事と育児に日々追われています。また家事と育児の合間を縫ってパソコンを使い仕事もしています。日々慌ただしく過ごしているのですが、そんな私がマイホームに求めたことの一つが自分の居場所を設けることです。子どもがまだ小さいため何をするにも子どもと同じ時間を過ごします。嬉しいことではあるのですが、時には一人の時間を過ごしたと思ってしまうものです。家は、家族との時間を大事にすると共に個人の時間も満喫できるようにしておきたいと思ったのです。

そこで自分だけが過ごすママスペースというものを、家事の中心であるキッチンの隣に設けたのです。程よいこもり感を得るために、リビングとの境には腰壁を設けて腰壁の上にはオープンシェルフを設けました。オープンシェルフにはお気に入りの雑貨を飾ったり、ママスペースとリビングとの視線を緩やかに区切る働きがあります。このママスペースでは家事の合間の休憩スペースとして、時には家計簿をつけたり、洗濯物をたたんだり、時にはパソコンを使い仕事をするスペースとして多目的に使えるママだけの空間が広がるのです。

私はパソコンでネットショッピングをしたり、ブログを読んだりと一日の内でパソコンと向き合う時間が長いです。その趣味の時間をより満喫できるような空間にもなるのです。いつもは子ども達に邪魔されることも多いのですが、程よく空間を区切りながらもリビングにいる家族との一体感を感じながら自分の時間を満喫できるのです。自分の居場所があることで、家事への意欲も、パソコンの仕事の向上も高まるのです。多くのママにこのママスペースはおススメです。

横一直線の家事動線

主婦にとって家事は365日休みがありません。その休みのない家事は自分が高齢になっても続きます。それだけに家事への負担や不満はできるだけ感じないような家造りをする必要があると思います。最近では女性目線で家造りを進めることが多くなってきました。家事や育児そして外で仕事を抱える女性にとって、自宅にいる間はホッと自分の時間を楽しむ時間がないと寂しいものです。それを実現させるためにも家事の効率を高め、家事の時短を可能にするのです。

そこで我が家は取り入れたのが、横一直線の家事動線です。家事の中心となるキッチンに向かって左側にはダイニングを設けました。そして右側には洗面室をもうけたのです。専業主婦は一日三度も食事の支度を行います。キッチンとダイニングの動線を短くすることで、料理の配膳が楽になりますし、食後の片付けもスムーズです。動線が短いだけでなく横移動なので移動のしやすさも高まります。

家事動線を考える上で、キッチンと洗面室は非常に重要です。キッチンで炊事をしながら洗面室で洗濯をしたりと、これらの空間で同時に2種類の家事を行うことはよくあります。それだけに動線を短くしておくと効率良く家事を進められるのです。ダイニングとキッチンと洗面室を横一直線で繋いだことで家事動線がコンパクトでそしてスムーズな移動が得られたのです。

そして忘れてはいけないのが、洗濯機のある洗面室から洗濯物干し場までの動線です。我が家は洗面室に勝手口を設けてその先に洗濯物干し場を設けました。移動することなく洗濯物が干せるので家事の効率が非常に高まっているのです。家事動線に配慮して家事へのストレスを感じない家にしましょう。

我が家が依頼した業者

家造りはまず、業者を選ぶことから始まります。そしてこのパートナー選びこそが最大のポイントなのです。希望に合った、または希望以上の家を完成させることができるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかと言っても過言ではないのです。我が家も家を建てようと決めて、業者を選ぶまで多くの時間を費やしました。そして数ある業者の中から一社、地元に密着した工務店を選択しました。

工務店の特徴として、会社規模が小さく世間一般的には不安視されることも多いです。また洗練されたデザインが取り入れられないと感じてしまったり、提案力に欠けるのではないかと不安に感じる人も少なくありません。しかし大手ハウスメーカーと違い、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などがないので大手ハウスメーカーよりも安く家を建てることができるのです。建築士によっては大手ハウスメーカーさながらに抜群の提案力と洗練されたデザイン性を持ち合わせているのです。

工務店の最大の魅力は、施工はもちろんのこと、アフターフォローにも力を入れているということではないでしょうか。これは安心して家造りをする上では欠かせないと思います。また建築主の住まいに対する希望や要望にしっかりと耳を傾けてくれ、工務店独自のテイストも表わされ個性のある住宅が完成できるのです。我が家が依頼した業者は、予算がかさむ提案をしてきた時は同時に節約できるポイントも教えてくれました。予算内で最高の住宅を完成できたのはこのアドバイスのおかげだと思っています。まずはこの業者選びを慎重に行いましょう。

土地選び

マイホームを購入するのであれば、まず土地を探さなくてはいけません。この土地によってその後の暮らしが大きく変わってきます。この土地探しが進まないと家造りが始められないのです。我が家はこの土地探しで時間を費やしてしまいました。我が家のようにいい土地が見つからない・・・と言って家造りが進んでいない家庭も多いのではないでしょうか。

土地選びをするには不動産のプロである不動産屋へ行きより多くの情報を収集しましょう。多くの情報を得る中で、自分が理想とする家を建てるにはどれくらいの広さが必要なのか、土地の相場はどれくらいなのか、家を建てるのに向いている土地なのかなどいろいろことが分かってきます。予算を組みやすくもなるのです。土地を探すのと同時に土地に求める条件に優先順位をつけておくことも大事です。通勤や通学を第一に考えるのか、スーパーや銀行、病院など日々の暮らしで欠かせないものがより近い場所にあった方がいいのか、駅から近い場所がいいのか、閑静で治安のいい場所を優先するのかなど様々な条件の中で自分が何を優先するのかを決めておくのです。

全ての条件を満たすような土地は到底見つかりません。見つかったと思っても高すぎて購入できないでしょう。気に入った土地が見つかったら実際に足を運んでしっかりと下見をしましょう。一度だけでなく幾度か時間帯や曜日、気象条件などを変えて色々な角度から土地を見るのです。そうすれば見えなかった部分が見えてきたり、近隣住民の雰囲気なども見えてくるのです。まずはいい土地を見つけ、最高の家造りが進められるようにしましょう。

ロフトのある子ども部屋

屋根裏というデッドスペースを利用してロフトを設ける家庭も多いです。我が家はこのロフトを子ども部屋に設けました。子ども部屋に設けた理由は、子ども部屋の広さは必要最低限にしたからです。子どもが幼少期は広々ワンルームの子ども部屋にしておき、将来的に個室を必要とし始めたらこのワンルームを二つの空間に仕切れるようにしています。個室になるとそれぞれ5帖の広さの子ども部屋となります。個室になった時子ども部屋に狭さや圧迫感を感じないように天井勾配の子ども部屋にしました。

この天井勾配を活かしてロフトを設けたのです。子どもの成長と共に自然と収納しておく物も増えていきます。必要最低限の広さの子ども部屋に物が溢れてしまえば子ども部屋の快適性は損なわれてしまいます。そこでロフトを設けてきちんと物を片づけられるようにしたのです。現在はここにほとんど物を収納していないので、秘密基地のようなこのロフトが子どもの遊び心をくすぐりいつも子ども達が遊んでいます。

屋根裏というデッドスペースを上手に利用することで季節もののアイテムを収納できたり、捨てたくても捨てられないものをきちんと片づけることができるのです。ロフトを設ける際にはその移動手段にも注目してほしいと思います。我が家はハシゴで行き来をします。我が家のようにハシゴでの移動の家庭は多いのですが、安全性が高く使い勝手のいいのは固定階段での移動です。スペース的な物がどこにロフトを設けるかでも変わってきます。ロフトへの行き来もしっかり考えましょう。

リビングにスキップフロア

先日遊びに行った友人宅にはリビングにスキップフロアが設けられていました。その友人宅には生まれたばかりの赤ちゃんがいます。このスキップフロアがベビールームとして利用していました。この子どもが成長すればキッズルームとして最適の遊ぶスペースとして利用できます。また子どもがより成長すればスタディコーナーとして利用することもできるのです。このようにリビング内にスキップフロアを設けることで、空間にメリハリが生まれます。

またくつろぐスペースと作業するスペースと分けてリビング内を利用できるのも生活にメリハリが生まれいいと思います。我が家にもしスキップフロアを設けたら、ここをパソコンスペース兼ママスペースとして利用したいと思います。私の生活にパソコンは欠かせません。現在も家事や育児の合間を利用しパソコンで仕事を行っています。また趣味はネットショッピングやブログを読むことなので、一日うちパソコンと向き合っている時間は長いです。

いつもはダイニングテーブルでパソコンを使用しています。食事の度に片付けなくてはいけませんし、食事をするスペースと趣味や仕事を行うスペースが同じというのも生活にメリハリがつきません。このようなスキップフロアがあれば、生活にメリハリを付けることができ、パソコンで仕事をする際に子ども達が邪魔しにくる機会が減ります。

リビングで洗濯物をたたんでいると、横で遊んでいる子ども達に邪魔をされてたたんだ洗濯物を壊されることもあり、必要以上に時間がかかってしまいます。またアイロンがけをしていると興味を示し近づいてきて、やけどをしないかヒヤヒヤしてしまいます。スキップフロアを利用しこれらの家事を行えば今まで以上にスムーズに家事が行え、効率も高まります。多目的に使用できるスキップフロアを設けて空間と生活にメリハリをつけるのはいいと思います。